The following two tabs change content below.
スポットガイドの『FLAGMA(フラグマ)』の編集部。地元に詳しい人を紹介して、地元情報や体験ツアーを購入できるマーケットプレイスとして情報を発信。旅行者・移住者がより楽しく・豊かな体験を手に入れるサポートをしております。

はじめに

2018年2月10日(土)-2018年2月11日(日)に、フィリピンセブ島にて『第2回 GAOGAOキャンプ!海外ハッカソン・開発合宿フィリピン・セブ島編 with G’s CAMP CEBU』が開催されました。

イベントを主催するGAOGAOは、タイ・バンコク在住メンバーで構成され、開発合宿会場は、フィリピン・セブでプログラミング&英語スクールを運営しているG’s CAMP CEBUワーキングスペースで開催されました。セブの中心街「Ayala mall(アヤラモール)」向かいのビルに位置し、快適なWIFI、カフェ&英語環境が整った施設です。

今回FLAGMA(フラグマ)スタッフは、開発合宿に参加して感じた、東南アジアでハッカソン・開発合宿を行うメリット3つについてまとめさせていただきました。

ハッカソン・開発合宿の内容

1. 開催趣旨の説明

オープニングはGAOGAO代表の手島さんより開催趣旨の説明。(参考:海外で働く・キャリアチェンジを発信する「GAOGAO海外ハッカソン・開発合宿」の立ち上げ秘話インタビュー)


手島拓也

海外開発合宿を運営・企画するGAOGAOメディアの発起人。IBM, LINEにてエンジニアを経験後、現在はバンコクを拠点に創業&移住し新サービスの開発に従事。得意な言語はJavaScript。大学院時代にとあるコンテストで優勝しシリコンバレーを視察したことが、後々の海外起業へと繋がる。海外エンジニアを増やすべく、様々なイベントを自主運営している。趣味は趣味のプログラミングと銭湯。

2. LT(ライトニングトーク)

今回はゲストスピーカーとして、フリーランスで活躍し、try!Swift Tokyo 2018などのオーガナイザーも務める松館大輝  さんと、 『FLAGMA(フラグマ)』メンバーもLTさせていただきました。


松館大輝

東京を拠点に海外にも精力的に飛び回る、フリーランスのiOSエンジニア。学生の頃からiPhoneアプリ開発を始め、ITベンチャー数社で自社プロダクトや受託案件での企画から保守を経験した後にフリーランスとして独立。ここ最近はコミュニティ活動に力を入れており、Swift言語の国際テックカンファレンスであるtry!Swift Tokyo 2018のオーガナイザーをはじめ、エンジニアに向けたイベントの企画 / 運営をしたり、serverlessConf Tokyo などのテックカンファレンスにも登壇している。趣味は地方遠征と海外パトロール。

会社員からフリーランスになったDateさん、環境の変化、なぜフリーランスになったのかこれからどのような活動に力を入れて行くのか、これまでの開発話など。さらに知りたい方はこちらをご一読ください(参考:Dateさんのブログ 2017年のフリーランスとしての振り返り記事)

FLAGMA(フラグマ)の紹介もさせていただきました。

LTの後は、日本から学生起業家を志す方、セブにプログラミング留学されている方、セブでインターンとしてIT企業で働かれている方、セブの日系IT企業のマネジャーの方など様々なバックグラウンドの方々の自己紹介。

 

その後、お題決めや各自持ち寄ったタスクをもくもくしました。

1日目のハッカソン・開発合宿の後は、交流会。GAOGAOのKENさんに色々と取り仕切っていただき、セブ留学中のプログラミング生徒さんを交え、将来のキャリアに関して、海外で働くことに関して積極的な議論が交わされました

KEN
関西学大学商学部を卒業後、野村證券で11年半勤務。エンジニアとは全く接点のないキャリアを送るが、エンジニアの環境整備が日本のスタートアップには必要と考え、自身もプログラミングを学び始める。また、一法人に属し、週5日働くという従来の枠組みから脱却し、働き方の多様性を実現すべくGAOGAOに参画。GAOGAO代表手島的なエンジニア起業家を増やすべく日々バンコクで奮闘中。

さらに詳しい内容は、こちら!

このように参加させていただき、東南アジアで開発合宿を行って良かった点3つについてまとめさせていただきました!

前提:FLAGMA(フラグマ)の今回の開発合宿の目的は主に2つあり、一つ目が①FLAGMA(フラグマ)のβ版開発、二つ目が②フィールドワーク(*1)でしたので、その観点での「良かった点3つ」となります。同じ目的を持った方々の参考になりますと幸いです。

 

その① 現地で過ごすことで、物価や治安や文化などを吸収しながら、プロダクト開発・フィールドワークできる

合宿前の課題として、FLAGMA(フラグマ)は海外でも展開するサービスなのですが、日本でのプランニングだけでは、実際に海外でどのような状況・条件で使用されるか想像で進めるしかない部分がありました。しかし、今回のような機会があったおかげで現地での調査を行いつつ開発を進めることができました

FLAGMA(フラグマ)β版リリース後、フィリピン・セブ、タイ・バンコクにて、ローカルの方と旅行者のマッチングを行った現場に立会わせていただき、両者様にアンケートもさせていただきました。やはり、生の声をいただき現場にいることで発見が多く、重要なフィードバックをいただきましたこのタイミングで実施することができて本当に良かったと思いました。ご協力いただいた方々には、大変感謝しております!

また、日本とは異なる物価や治安や文化を知ることも大変参考になりました。一例を挙げますと、(東南アジアあるあるなのですが、)ローカルのタクシーに乗った時、日本のようにタクシーにカーナビがついていないため、こちらでスマホの地図情報を検索して、進む方向を指示してあげないといけませんでした。さらには、メーターを使わず言い値で請求するドライバーがいるため注意して、メーターを使うように言う必要があります。

このような状況から、Grab TaxiやUber(スマートフォンアプリからタクシーを手配できるタクシー配車サービス)がタクシードライバーによる意図的な不正やナビゲーションの問題を解決し、普及したのも納得。こういった背景を実感することができました。

また、セブの物凄い渋滞を経験し、ハバルハバルというバイクタクシーを呼べるアプリAngkas』が流行る背景を実感しました。セブには電車という選択肢がなく、タクシー等の自動車だと確実に30分以上かかるところをバイクを使うと10分以内で到着できたりするらしいです。バイクは危ないというセブの定説はありますが、やはり背に腹は代えられない、どうしようもない時は選択肢として挙がるのかもしれません。(参考:スマートなハバルハバル?早く目的地に到着できるAngkasでバイクタクシーを利用してみよう)

このように、フィールドワークから得るものは多々ありました。サービスのフィールドワークについては別の機会にまとめさせていただきます。

 

その② メンバーが最高!感度の高い・同じ課題をもつ仲間と出会える!

参加者は、交流会なども入れるとトータルで20人ほどに。合宿先に海外を選んだり、留学にやって来るくらいなので、みなさんかなりフットワーク軽く、移住・旅行に関するサービス感度も高く、FLAGMA(フラグマ)の紹介をした時、同じ課題を持ち同じようなサービスを作りたい・作っていましたという方々にお会いしました。なんと今では、一緒にサービスを作っているメンバーもおります。

JapanComplete by Eriko Ichinohe

また、開発合宿なのでクリエイティブなエンジニアの方が多く、Swiftコミッターでコミュニティ運営をされているdateさんや、自分が欲しいアプリを作って紹介してくださるErikoさんのお話などとても勉強になりました。メンターとしても活躍される方もいて学生の方々にすごく良い環境だなーと思いました。

メンターとして大活躍のG’s CAMPの福西さん

Swiftのメンターとしても大活躍のdateさん

その③ 気候が最高!日本の冬の時期に行くとセブは暖かく過ごしやすい気候&南国フルーツジュースで健康に

最後はとても分かりやすいメリットです!

2018年2月頭には日本の東京では雪が積もるほど降り、出発日の9日も引き続き、最高気温10℃未満、最低気温1-2℃のとても寒い日で凍えながら飛行機に乗り込みました。しかし、セブに着くとそこは南国。20℃以上気温が上がり、冬物コートを脱ぎ、夏物のワンピースに着替えて歩けるような気候でした

セブは雨季と乾季に分かれており、雨期になるとスコールと呼ばれる強い雨が3〜4時間おきに降りますが、12月には乾季に入り、気温も日本の夏くらいの暑さで、2月ごろまで1年で一番過ごしやすい時期になるそうです。

また、街ですぐに100-150円ほどでビタミンたっぷりマンゴーシェイクを手軽に飲めるので、美容や健康に良い環境だと思いました。

この時期は、花粉症の人がセブに来ると治るという現象もあるらしいです。私は、悩んでいた乾燥肌がピタッとなくなりました冬の寒さがどうしても苦手という方にはとてもおすすめの環境です。

また、物価が安いので贅沢に見えて実はそんなに高くないというのも魅力。3日目はセブっぽいところへということで、モーベンピックというホテルの1DAYパスを使ってみました。ビーチにプール、食べ放題の料理・飲み物・フルーツ付き・WiFiありで、2000ペソ(4000円くらい)。このクオリティでこの価格は大変コスパが良いと思いました。日陰で作業して、気分転換に、海やプールに入ってリフレッシュして作業に戻るみたいなことができました。宿泊もWiFi、プールなど設備充実のマーヨ ホテル(Maayo Hotel) に3泊で10,000円くらい。もっと抑えることもできそうです。

 

以上、開発にフィールドワークに、素敵な仲間とも知り合えて、充実の開発合宿でした。感度の高いエンジニアの方々や優秀な学生の方々とディスカッションしてクリエイションする過程はとても刺激的な時間でした!主催のGAOGAOさん、G’s CAMPさん、参加者の皆様、ありがとうございました!

今回主催のGAOGAOさんが、タイ・バンコクにこのようなハッカソンや開発合宿の拠点となるような場所『GAOGAO HOUSE』を作るためにCAMPFIREにてクラウドファンディング実施中です。読者のみなさんもパトロンになって、参加してみてはいかがでしょうか?(画像クリックでリンク先に移動します。)

(*1)「現地調査」「野外調査」を意味し、対象となる地域や社会に赴き、その土地に暮らす人々と生活を共にしながら対話し、生活や社会の仕組み、その土地ならではの考え方の枠組みを理解しようとする社会調査の手法

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*

街の魅力を伝えたい人と感じたい人のマッチングサービス FLAGMA(フラグマ) - FLAGMA(フラグマ)とは?

旅行・お出かけの情報マガジン FLAMAGA(フラマガ)

旅行・お出かけの情報マガジン

カテゴリー: 旅と仕事

flagma編集部

スポットガイドの『FLAGMA(フラグマ)』の編集部。地元に詳しい人を紹介して、地元情報や体験ツアーを購入できるマーケットプレイスとして情報を発信。旅行者・移住者がより楽しく・豊かな体験を手に入れるサポートをしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です